アラフィフおひとりさま、理想の老後

DSCF2626-Edit_TP_V1
私は、去年、56歳になりました。

四捨五入すると60歳なわけで、もうアラフィフと言ってはいけないのかも?!
アラウンドフィフティーは、54歳までという説もあります。

でもアラカンって、寂しい響き、
アラウンド還暦、アラウンド棺おけという言葉もあります。

棺おけに片足つっこむということ?(苦笑)

職場のスーパーのお客さまは、圧倒的にご高齢の方が多いです。
一人暮らしの方も多いようです。

男性も女性も、それぞれのおひとりさまの老後を垣間見ています。

今日も、89歳だとおっしゃるご婦人が買い物に来られました。
野菜、果物、お肉などをかごいっぱいに買われていました。

「配達ですか?」

「いいえ、自分でもっていきます。」

80歳を過ぎて、やはり危ないからという理由で、免許は返納されたそうです。
歩いて20分のこのスーパーまで、週の半分は買い物にくるそうです。

それが、楽しみであり、身体のためだとおっしゃっていました。

身体のため、健康のため、いろいろな用事を作り、外へでること。
友達や知人と会話をする、そんなことを心がけているそうです。

そのご婦人、もうすぐ90歳だというのに、とてもしっかりしていらっしゃいました。
買った荷物はリュックでしょっていかれました。
頭もしかりしていて、ボケるなんて言葉は必要ない感じです。

とても元気で、生き生きとして、シャキシャキしています。

すごいなと思いました。

おひとりさまの老後を、誰にも迷惑をかけずに、元気で生き生きとすごしておられる。
私も、そんな老婦人になりたいです。

80代でも、元気なお客様はたくさんいます。

突然、来られなくなって、どうしたのかと思っていたら、
老人ホームに入ったというお客様もいます。

いつも、ご夫婦で、来られていたのに、突然一人で買い物に来られるお客様もいます。

お父さん、いなくなっちゃったの
と自分で告白してくださるお客様もいます。

日本は、ますます高齢社会になっていきます。
認知症は4人に1人の時代がくるとも言われています。

認知症に良いとされる食品、よく売れています。
予防できるならできることはしたいですね。

おひとりさま、怖いのは病気!病気を予防するための最強の食べ物とは?

ボケないこと。
子供に迷惑をかけないこと。
一人で自立して生活できること。
適当に、友達もいて寂しくない。
趣味をもち、趣味を楽しむ。
病気にならず健康であること。

そして、ゆくゆくは温泉がある地方の高齢者住宅に入居して、のんびりとした老後を過ごしたい。

そして誰にも迷惑をかけずに、ぽっくりと逝きたい。

これが、私の理想のおひとりさまの老後です

56歳の今、病気もせずに、美味しく食事ができること。
こんな当たり前の生活に、感謝しなければと思います。

とは言っても、いろいろと不平不満を言ってしまいますが・・・

ご訪問くださりありがとうございます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。