ひとりぼっちの夜に、思うこと

a0001_000506

息子が、修学旅行に旅立ち、ひとりぼっちの夜、二日めです。

全くひとりぼっちになるのは、本当に何年ぶりだろう。

今までの、小中学校の修学旅行は、夫がいましたから。

夫と二人きりになるのがすごく嫌でした。
恐怖の夜でした。

会話もないし、顔色ばかりうかがっていました。
子供たちに早く帰ってきてーと思っていました。

今回も・・・?
不思議と寂しさはありません。

4泊したら、帰ってくるのがわかっているからかもしれません。

これが、ずっと帰ってこないとなると、たぶん泣きたくなるくらい寂しいかもしれません。
でも、ひとり親の家庭は、みんなこうなんですよね。

いつかは、巣立っていく子供たち。

シングルマザーは、いつかはひとりぼっちになるわけです。

今は、仕事をしていますから、昼間は同僚たちと話したり、お客様と話したり、
人と会い、人と話せます。

でも仕事をやめてしまった、おひとりさまの老後は、どうなるんだと、恐怖を感じました。
ひとりぼっちの寂しさから、うつ病、うつ病から認知症に、移行?!
そんな可能性もゼロではありません。

本当に、おひとりさまの老後のために、いろいろと準備をしていかなくてはと、
すごく思いました。

食事も、さらに手抜きです。(笑)
昨日、今日と二日間、買い物をせずに帰宅しました。

冷蔵庫にあるもので、食べました。
(節約、節約・・・)

お昼ご飯にいたっては、カップラーメンですませてしまいました。

ホットケーキミックスで作る、フルーツケーキをまた、作りました。
それをパクつきながら、本を読んだり、勉強をしたり、テレビを見たり
こうしてブログを書いてみたり。

時間はたっぷりあります。

ひとりぼっちの、何よりもいい所は、自由であることです。

デメリットは、やはり病気になることでしょうか。

病気をすると、大きな出費にもつながります。
健康でいることが一番です。

スーパーに勤めていると、売れている商品がわかるのですが、今も引き続き売れ続けているのが
もち麦です。

お米に混ぜてご飯をたくのです。

今日もそのコーナーは完売していました。
ご高齢のお客様が多いので、健康関連の商品がよく売れています。

みなさん、ちゃんと健康面も考えておられるのだと思います。

好きな時間に寝れて、好きな時間に起きて、好きなご飯を食べれて
好きなことをできる、ひとりぼっちって最高!って、私は思うのですが・・・

この文章を書きながら、思いました。
私は、結婚に向いていなかった人間だったのかなって。

今は、パートーナーをほしいとは、思わないんです。
たぶん、今後もそうだと思います。

元夫の束縛が強かったから、もうかごの中の鳥はいやなんです。

ブログを書いていても、脳の老化を感じます。

自分のイメージしていることが書けないし、以前より時間がかかります。
たぶんブログを書くことは、すごく脳への刺激になっていると思います。

老眼もすすんでいます。

眼鏡なしで、パソコンの字が見えなくなりました。

誰にも頼ることができない老後が待っています。

ご訪問くださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。