おひとりさまの老後、持つべきものは、親友です。

ghdf

読者の皆様、こんばんは~
今日は、ほんとにほんとに寒かったですね。

昨日から、気温が10度下がっているそうで・・・
この寒さ、身にしみます。

でも、こらから寒さは、本番だと、天気予報で言っていました。

(-_-)

今朝、起きたら、肩がパンパンにはっていました。
久しぶりの肩こりです。
夜中に、寒くて、背中をまるめて寝ていたのだと思います。

寒いのは、苦手です。

おひとりさまの老後、持つべきものは、親友です。

私にも、おひとりさまの老後は、確実にやってきます。

元夫とよりを戻す?!
これは、絶対にないからです。

おひとりさまの老後、一番不安なのは、やはりお金でしょうか。

私、貯金ゼロです・・
おまけに借金まであります。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

笑っている場合ではないのですけど・・・

老後資金をためる最大のチャンスは、50代だそうです。
普通は、子育て終わってる方が多いでしょう。

私の場合、息子は38歳で産みました。
(高齢出産でした)

そんなわけで、息子が、社会人になるまで、あと何年かかるのか。
まだまだ、先が見えません。

ためいきが出てしまいます。

おひとりさまの老後という本を読みました。

何年か前に、ベストセラーになったようです。
おひとりさまは、増え続けているといいますし、みんな老後不安ってあるのかもしれないですね。

いろいろと参考になりました。

(著者は、大学の教授なので、立場はかなり違いますけど。)

おひとりさまの老後に、必要なもの。

当たりまえだけど、住む所、ワンルームがいいそうです。
そして充分なお金。

おひとりさまの老後に、必要な資金は・・・

1000万?

3000万?

マスコミは、平気で大きな数字をあげて、全国のおひとりさまを不安にさせました。

私の場合、不安になっても、心配しても、どうにもならないと、開き直っています。

おひとりさまの老後に、欠かせないもの、親友です。

ネットワークが大事になります。
友達や仲間を持つべきですと書かれていました。

人間は、一人では生きていけないものです。

たとえば、ひとり暮らしの自宅で、病に倒れたとしたら~
飛んできてくれる友達はいますか?

なんでも、話せる友達がいますか?

そして、このおひとりさまの老後の著者は、大みそかは、おひとりさまの仲間と過ごすそうです。

おひとりさまの、一番、寂しい日は、大みそかなのか

確かに、ひとりぼっちで、年を越すのは、寂しいかもしれません。
あとは、クリスマスとお正月ですね。

どこへ行っても、家族連れや、カップルであふれていて、
自分はおひとりさまだ、とジワッーと寂しくなっちゃうのでしょうか。

この本に、おひとりさまの、同じような境遇の仲間、ネットワークを作っておくことをすすめると書いていました。

私は、今、親友と呼べる人は二人います。

一人は、未亡人のおひとりま、もう一人は再婚してしまったから、旦那さま優先になってしまいました。

職場にもおひとりさまは、何人かいます。
みんな仲間がいるようです。
飲みにいったりしてます。

私の82歳の母も、親友ができました。

同じ、高齢者住宅に住む、同年代の方です。

朝、晩の食事タイムが同じテーブルだそうで、そこで食事をしながら、お話しをするのが楽しいみたいです。

それから、一番の楽しみでもあるディーサービスでも、友達が何人かできたようです。

同じような仲間ができたこと。
ひとりではなくなったことで、母は元気になりました。

ですから、おひとりさまの老後は、絶対に仲間や友達が必要だって思いました。

同じ著者が、こんな本も書いています。
みんなひとり、そうです。
人生の最期は、みんなひとりになります。

こちらはおひとりさまブログとしては、有名ですね。
本になっていたのは知りませんでした。

おひとりさまの節約レシピが満載!

興味あります~~~
読んでみたいです。

さてさて、夕飯作りに取り掛かります。

今日は、豆腐チゲを作りま~す。
(辛いのが、大好きなんです)

ではまた(”^ω^)・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク