おひとりさまです、ひとりぼっちです。

151118uzumaki-600x400

30年ぶりの寒波到来とマスコミが騒いでいました。
寒波と聞くだけで、寒く感じるのは私だけでしょうか?

でも昨日の夜は、本当に寒くて、こちらの地方でも雪が舞いました。
雪が降るというより、雪が舞うという言葉の方があっていて、きれいだな~と思いました。
積もる雪にならないでホッとしています。

それにしても、寒いです。
ひとりだから、もったいないと暖房もつけていないから、当たり前ですね。

昨晩も、今日も、息子は外出中で、私はひとりぼっちです。

帰宅は22時すぎと連絡がありました。

ワンルームの時には感じませんでしたが、
今、広いリビングにひとりでいて、時間を持て余しています。

あ~私はおひとりさまなのだ、ひとりぼっちだと実感しました。

ひとりでゆっくりできるなんて、喜んだ自分。
それは、強がりだと気が付く

やっぱりひとりは寂しいです。

二晩いないだけで、寂しさを感じてしまう私。

おひとりさま失格です。

娘も、私の母もひとりぼっちなわけで、
二人とも、一人の時間には慣れたようです・

最初は寂しい寂しいと言っていましたが。

寂しさになれる、ひとりでも平気になるってこと。
おひとりさまにとっては、誰でも乗り越えなければならない壁なのかもしれません

一人の時間を過ごしているであろう母に電話をしました。

明るい声でした。

明日のディサービスで、初詣に連れていってもらうと嬉しそうに話していました。
母の住む高齢者住宅は、みんなひとり、おひとりさまです。

男性も女性も、みんなひとり。

でも、みなさん、楽しそうに暮らしています。

事情があり家族で暮らせない方がほとんどです。

母が、仲良くなった方は、お嫁さんと折り合いが悪くなって高齢者住宅に入居されたそうです。
私の母も、同じようなものです。
お嫁さんに、嫌われてしまいました。

人間、いつかは、ひとりになるものです。
それが遅いか、早いかということなのではないでしょうか。

おひとりさまという言葉、好きです。悪くないと思います

ひとりぼっちや、ぼっちという言葉もあるけれど、寂しさが漂っている気がします。

DVや暴力にたえて、いやな夫といつまでも一緒にいることよりも、
私は、おひとりさまとして生きていく道を選びました。

正しい選択だったと思います。

あと20年は、生きられるとして・・・

最後の20年間は、おひとりさまの人生を楽しみたいと思います。

やりたいこと、たくさんあります。
牢獄の中のような結婚生活でした。

だからこれからは、毎日、楽しく生きたいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。