糖質依存症

strawberry-1273983_960_720

最近、また菓子パンを食べてしまっています。
一時期、糖質制限ダイエットをはじめて、菓子パンを食べないでも平気になりました。
(7キロ痩せました。)

低糖質のスイーツなどを食べていたのですが、それが、結構お金がかかってしまいます。

糖質制限ダイエットとは、糖質の多いご飯や、パン、パスタなどを控えて、おかずをたくさん食べてもいいというダイエット方法なのですが、
これがまたお金がかかります。

貧乏ですと、ついおかずの量は少なく、ご飯などの主食でお腹いっぱいにしようとしてしまいます。
貧乏太りです。

最近も、また甘いものを食べないとイライラするようになってしまいました。
私は、もしかしたら糖質依存症なのかもしれません。

糖質依存チェックリスト

以下の項目に1つでも当てはまるものがあれば要注意なのだそうです。
そしてもちろん多ければ多いほど重症で注意が必要ということになります。

① 食事に白いごはんが欲しくなる。
② イライラすると甘いものが食べたくなってしまう。
③ カレーライスやオムライス、丼ものが大好きである。
④ ソースやケチャップをたっぷりかけて食べるのが好きである。
⑤ 食後にウトウトと眠くなりやすい。

①白いご飯には糖質が多く、毎日食べる主食のため必然的に摂取量が多くなってしまいがち。
実は、ご飯お茶碗1杯分=角砂糖14個分もの糖質が含まれているというのですから、ご飯好きの人にとってはショックですよね。

②血糖値が一旦上がって下がるときに人はイライラを感じるのだそう。
だから再度甘いものを摂ってイライラをなくそうとしてしまうんですね。
でもこれを繰り返していると悪循環になるため注意が必要です。

③ついご飯の量が増えてしまい食べる時間も無意識に早くなってしまう傾向があります。

④ソースやケチャップなどの調味料の中には糖分が多く含まれていること、またこういった調味料をたくさんかけることで味が濃くなり白いご飯もたくさん食べてしまう、という状況に陥ってしまいます。

⑤食後の眠気は血糖値の急上昇及び急降下が原因です。
血糖値の上昇低下に脳の代謝がついていけない状態になり、眠気を感じるのだそうです。

引用 女性の医学

私は、なんと全部、あてはまりました。

(-_-)

やっぱり糖質依存症で、それも重症のようです。

このままでは、糖尿病の危険もあります。
亡き父が糖尿病でした。

糖尿病の怖さは目の当たりにしています。

ダイエットは明日から明日からと、伸ばし伸ばしにしているけれど、
このままでは、本当にまずいかも!!

病気になんかなってられませんからね。

とりあえず、菓子パンをがまんすることからはじめてみます。

ご訪問くださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク