母の散切り頭

thumb5
暮れも押し迫り、年末、最後の休み、母に会いに行ってきました。
妹から、「いつ行くいつ行く?」と、催促されていました。

引っ越しで、忙しかったとか、年末で、仕事が忙しいとか
そんな理由は通用せず・・・

「月に二回、会いに行くという約束は守ってね
月二回が無理なら、最低一回は、必ず行って。」

こんな感じで、妹に責められていました。

遠いから、そんな理由も通じません。

母子家庭だから、そんな理由も通じません。

私自身も、最低一回は会いに行こうと決めていたので、
今日、思い切っていってきました。

大掃除をしろ、お正月の準備をしろ、
そんなふうに、うるさく言う配偶者(元夫がそうでした)がいないのは、母子家庭の良い所です。

休みの日は、何をしようと、どこへ行こうと自由です。

母が住む高齢者住宅の前で待ち合わせをしました。
母を見て、超びっくりです。

今までにない位、髪を短くしていたのです。

良く言えば、ベリーショート、悪く言えば、散切り頭。

思わずどうしたの?その髪型!と聞いてしまいました。

母は悲しそうな顔をして、
「T(妹)に、美容院へ連れていかれて、短くされちゃったんだよ~」と言いました。

母は、先月、パーマをかけたいと言っていたので、妹に伝えました。
妹はその時、OKと返事をしてくれたので、てっきりパーマをかけに美容院へつれて行ってくれるのかと
思っていました。

妹が母に言った言葉。
「私だって忙しい、しばらく美容院なんて連れていけないから~
短くして、しばらく行かなくてすむようにね」

母は、妹にお世話になっているので、何も言えなかったと言いました。
おしゃれだった母は、いつもパーマをかけ、きれいにセットしていました。

自分で美容院にも、歯医者へも行けないなんてと、母はいつも嘆いています。

宝塚みたいで、素敵とほめてくれたお友達もいたそうです。
髪の毛を洗うのも乾かすのも早くできて、利点もあります。

「お母さん、似合うよ。若く見える」
そう言うと母はやっと笑顔になりました。

今日は近くのおそばやさんへ二人で行きました。
二人でカレーうどんを食べました。

あたたかくて美味しかったです。

その後、母を歯医者に連れていきました。
歯磨きができていないと、歯医者さんに怒られてしまいました。

最初は磨けていたのに。。。
少し時間がたつと忘れてしまったようです。

クリスマスは、高齢者住宅のみんなで、パーティーをしたそうです。
ツリーを飾ったり、ケーキを食べたり、楽しかったよ~と話していました。

年をとると、子供に帰っていくと言いますが、母を見てると、本当にそう思います。

母の部屋のそうじ、衣替え、エアコンの掃除。
すべて妹がやってくれたそうです。

なんだかんだと母には、厳しく接しながらも、やることはちゃんとやっている妹に感謝をしなければと思います。

私は、母に会うのは月一回です。
たまに会うから、優しくできるのだと思います。

しょっちゅう会い、母の身の回りの世話をしてくれるのは妹です。
感謝の言葉をいうべきであって、文句を言える立場ではないことが、今更ながらわかりました。

今は、妹からの愚痴
母からの愚痴を、聞くのが私の役目だと思っています。

追伸、このブログ、1月3日まで雪が降っています。
現実では、降ってほしくないですけど(笑)

ご訪問くださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。