懐かしい!!東京ラブストーリー続編、50歳になったリカとカンチ

rika引用 ヤフーニュース

25年前に、大ヒットした東京ラブストーリー、見ていましたか?
りかとかんちのせつないラブストーリーです。

50代のみなさんならご存じですよね?

あのドラマが流行った頃、私はまだ結婚してなくて、
結婚にたいして、夢と希望をもっていた時代でした。

毎週楽しみに見ていた記憶があります。

バイバイかんち!というセリフが印象に残っています。

りか、可哀想!と思いました。

かんちは、他の女性と結婚してしまい、りかはどうしているんだろう
そんな疑問にも、答えがわかります。

今回の続編は、ドラマではなく漫画の世界です。
続編をドラマ化してほしいという声もあがっているようです。

漫画でもいいから、続編を見てみたいと思います。

柴門ふみ「東京ラブストーリー ~After 25 years~」の続編が、11月10日発売の女性セブン11月24日号(小学館)より全7回にて掲載される。

週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)の創刊35周年を記念し、今年1月に同誌9号で展開された読み切り「東京ラブストーリー ~After 25 years~」。
「東京ラブストーリー」の最終回から25年後、50歳になったリカとカンチが、それぞれの娘と息子が結婚を決意したことを知り再会を果たす姿が描かれた。
発売当時に大きな話題を呼んだその物語の続きが、全7回にて連載される。また2017年1月12日には、単行本としても刊行される予定だ。 
引用ヤフーニュース

あらすじを見てみましたが、ネタバレになるのでここでは書きません。

りかの言葉に、今までの人生の中で、後悔していることは、本当に好きな人を手放したことだというのがありました。

私も本当に、好きな人とは結婚できなかったけれど、後悔はしていません。
住む世界が違う人だったからです。

(元夫との結婚は後悔していますが・・・)

でも、りかは、シングルマザーとしてたくましく生きていたようです。

運命、巡りあわせ、人との出会いと別れについてを思い、せつなく、胸がキュンとなる漫画のようです。

発売が楽しみです。

それにしても、50代、
昔を懐かしむ年齢なのですね・・・

あの頃、あの時、違った選択をしていれば、なんて思うことも。

今は、子供たちが、間違った選択をしないように、見守りたいと思っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク