老後に、ペットを飼うのがおすすめな理由

16110738

昨日は、肌寒くて、今日は、また汗ばむ陽気、
もう身体がついていけませんね。

体調を崩しているパート仲間が続出しています。

(´;ω;`)

職場に、猫を10匹飼っている同僚がいます。
60代のおひとりさまで、高齢のお母さんと暮らしています。

その同僚が一か月前から元気がなくて、
どうしたのか聞いてみると、一匹飼いネコちゃんが行方不明とのことでした。

そんなにいるなら、一匹くらいいなくなってもいいんじゃないかと、私は思いましたが、
彼女にとってペットは、家族で、自分の子供のようなものなんですね。

買い物は、猫ちゃんたちのえさばかり。
人間よりも、猫ちゃん優先らしいです。
パート代6万円は、猫ちゃんの餌に消えるらしいです。

パート代8万円が、お酒代に消える!?
こんな同僚もいるし、世の中いろんな人がいます。

でもアニマルセラピーという言葉があるほど、ペットとの暮らしは、癒されるらしいですね。

どんなメリットがあるのか調べてみました。

★もう1人子どもや孫ができたような気持ちになって、もう1度子育ての楽しさを味わえる

★外に出るのが億劫になる老後の暮らしですが、ペットがいれば、散歩に行ったり、エサを買いに行かなければならないので、自然と外に出るようになる

★ペットのために、自分が健康でいなければ、元気でいなければという気持ちになり、生活にハリが生まれる

★ペットと一緒にいるだけで癒されるようになる
 ただいま~と帰れば、寄ってくるペット、子供よりもかわいいかもですね。

★老後にペットを飼うことで人生をハリが出てくる

なるほどですね。
ペットは飼い主に従順ですから、かわいくて仕方ないかもしれません。

あなたは、ネコ派ですか?犬派ですか?

私は猫派!!猫ちゃんがいいです。

老後のおひとりさま暮らし、寂しくなったら猫ちゃんとの暮らしを考えようと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 犬好き より:

    自分にもしもの事があった場合ペット達はどうするのですか?
    特に老後のおひとりさま暮らしの方
    その事も考えてペットを飼うべきだと思います。
    年老いた親が飼えなくなったからと言って保健所にペットを持ち込む
    子供(成人した仔)も多いのが現実です。
    ペットを飼うなら最後まで責任を持ちましょう
    (自分にもしもの事があった場合必ず飼ってくれる人を見つけておくこと)

  2. chii より:

    犬好きさんへ、コメントありがとうございます。
    おっしゃる通りです。
    無責任に飼うことをすすめる記事を書いてしまいましたが、
    そのような現実問題もあるのですね。

    かわいいペットのために、自分がいなくなった後のことも、決めておくことが、大事ですね。