老後のためにも、痩せた方が絶対にいい。50代のダイエット

a0006_002119

年を取ると、基礎代謝というのが落ちてきて、本当に太りやすくなります。
若い時と同じように、食べていたら、すべて贅肉となり体重増加につながってしまいます。

私も普通に食べていても、すぐに体重が増えてしまいます。

アイスコーヒーや、スイーツ、甘いものが大好きで、なかなかやめれないでいます。

甘いものを食べると、脳の中で幸せホルモンが分泌されるらしいです。
だから、ストレスがたまっている時や、疲れている時に、甘いものを求めてしまうのですね。

先日、3年前に辞めていったパートさんに偶然、会いましたが、膝痛が悪化して外出もままならないと言っていました。

もう一人の先輩は、70代で、杖なしでは歩けないと嘆いていました。

二人に助言されたのは、痩せた方がいい、今なら間に合うということでした。

まぁ痩せていても腰痛や膝痛に悩んでいる方もいますけど、確率的には太目の方が多いのではないでしょうか。

そんなわけで、私は糖質制限ダイエットとウォーキングをしています。

糖質制限ダイエットは3年ほど前から、ブームになりました。

(1)スーパー糖質制限
一日の三食とも、主食を食べない。一日の糖質摂取量の目安:30g~60g
(2)スタンダード糖質制限
三食のうち、二食は主食を食べない。一日の糖質摂取量の目安:80g~120g
(3)プチ糖質制限
三食のうち、一食は主食を食べない。一日の糖質摂取量の目安:120g~170g

私はこのプチ糖質制限ダイエットをしています。
夕飯だけ、主食(炭水化物)をぬくのです。

おかずはいくら食べてもOKなんで、ご飯を抜いても、お腹いっぱいになれます。

この3か月で、4キロ痩せましたが、また膝痛が再発。
もっと痩せなければと思いました。

白いご飯一杯には、角砂糖14個分の糖質が入っているってご存知ですか?

あと、一番太るのは菓子パンです。
小麦粉にも糖質が含まれているので、カロリーも糖質も高いのです。

菓子パンも大好きだった私は、菓子パンをやめるのが、ちょっと辛かったけど、
食べないでも平気になりました。

筋肉をつける運動もしなければと思っています。

老後に、スタスタと歩ける元気なおばあさんになるためにも、
がんばって続けたいと思います。

ご訪問ありがとうございました。

スポンサーリンク