息子の愛読書、嫌われる勇気

o0480048012873432046

息子と私が、この狭いワンルームに越してきて一年半たちました。
当初は、いや最近まで、よくケンカをしました。

最初の頃は、物を投げたり、物を壊したり、元夫と同じような行動をとり、私は本当に悩み苦しみました。

暴れる父親の背中を見て育ち、そしてあの夫のDNAを引き継いでいるわけですから、あ~この子の人生はどうなってしまうのかと
何度、絶望の夜をすごしたことか・・・

娘も息子も、けっして良い家庭環境で育てたわけではないので、私はいつも責任を感じていました。

マイナスの言葉と負の感情の中で、育った子供たちを、プラスに持って行くのは本当に難しいと思っていました。

結果的に、あの夫から離したことは正解だったと思っていますが。

特に息子は、セルフイメージが低く、自分が嫌いで、自分に自信がなくていつもオドオドしている子でした。

その息子が変わったのは、この嫌われる勇気という本に出会ってからです。

嫌われたらどうしよう、人に好かれたいといつも思い、人の顔色ばかりみていた子が、本当に変わりました。

母さんも読んでみてと言い、その本は私の手元にありますが、まだ読んでいません。
(目がショボショボして本を読む気力がありません)(笑)

息子と喧嘩をした時に、言われた言葉に、なるほどと思ったことがあります。

人から喧嘩を売られて、イライラして、それを倍に返してみても、もっと苦しくなるだけだ。
人に変わることを求めても無理だから、自分が変わるしかないと。。。

その後、息子がイライラして、いやな言葉をぶつけてきた時に、ごめんねと謝ってみました。
以前の私だったら、なんでストレス解消の道具にされなくてはならないの、何よ!!と言い返していたかもしれません。

そうしたらそこで喧嘩が始まり、お互いにいやな気持になるだけでした。

相手の言葉を、自分がどう受け止めるか、それが重要なのですね。

嫌われる勇気という本は、ずいぶん前からベストセラーになっている本です。
以前、他のブログでも紹介しました。
本当に、この本には感謝しています。

なかなか変わらなかった息子が、ここまで変わったのだから、すごいこと書いてあるのかも?

息子は、この本を読んで、生きているのが楽になったと言いました。
(今までは苦しかったのですね)

そして、私と息子は、喧嘩をしなくなりました。

今、娘も息子も私も心掛けていることは・・・
過去をみないこと。

未来をみて、必ずよくなる、必ず幸せになると思うこと。
それが大事だと思います。

自分自身の未来に向けて、息子は、勉強に、アルバイトと頑張っています。
努力という種をまいていますから、いつかは大きな実となる日がくると信じています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク