年金、払い込み期間10年でももらえるようになりました。

a0960_006573

年金の受給資格が改正されましたね。

今まで、満額は40年 そして25年以上納めていなけば、年金はもらえないという法律でした。

今まで通りだと、25年以下の場合は、納め損になっていたわけです。

それが、今日の法律改正で、10年払いこめば、将来年金はもらえるようになりました。

だからといって、大喜びというわけにいきません。
10年納めた方が、将来もらえる年金は月、一万五千円だからです。

もらえないよりはいいかもしれませんが、一万五千円では、とてもとても生活はできません。

受給資格期間短縮の場合の年金月額
<制度別:免除なし/半額/全額免除>
・現行制度(40年):65,741円/49,308円/32,875円
     (25年):41,091円/30,816円/20,541円
・受給資格期間短縮後
     (20年):32,875円/24,650円/16,433円
     (10年):16,433円/12,325円/8,216円

こちらの場合は、国民年金の場合の受取額です。

国民年金ですと、満額でも6万5千円、
これだけで、生活していくのはとても厳しいと言えます。

一般的なサラリーマンが、40年働いた場合、夫婦でもらえる年金は平均22万円と言われています。
(給料、職種により多少の違いはあると思います)

老後、安心して過ごせるのは、やはり安定した企業に勤めるサラリーマンの妻なんですね。
退職金も出るだろうし。。。

今更ながら、サラリーマンと結婚したかったなぁ~~

元夫は、自営業です。
そして、なんと無年金です。

年金はあてにならない、お金は自分で守るといい貯金をしていました。
今は、その貯金をくずして生活しているのです。

夫の生き方こそ、下流中年?
もう下流老人かもしれません。

ですから、離婚したら年金分割、そんな話も、私には縁がないことなのです。

私自身は、夫には頼れないというわけで、まだ同居中に、社会保険に加入しました。
そして息子は、私の扶養にしました。

自分の身は自分で守らなければ、そして息子も守らなければと思いました。

ご訪問ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク